2011_08
03
(Wed)21:37

静岡と言えば・・・お茶!!

今日から、お部屋用のお茶が『煎茶』から『ぐり茶』に変わりました

『ぐり茶』とは、生葉をじっくり時間をかけて茶葉の芯まで蒸す、「深蒸し製法」のこと。
通常の煎茶との違いは荒茶製造工程で茶葉の形を整える精揉という
工程がないのが特徴で、その結果、生葉を傷めず茶の成分が浸出し易く、渋みを抑えて
茶本来の味を引き出すことが出来るそうです。

ぐり茶の「ぐり」とは、正式には【蒸し製玉緑茶】と言いますが外観の丸い感じから
『ぐり茶』と呼ばれています。
この『ぐり茶』という呼び方は伊豆地方独特のものです。
それが近年全国各地にこの名称が広まり一般的名称になりました。
また、九州では釜炒り製の玉緑茶と区別するため【蒸しぐり】とも呼んばれています。

茶品種にこだわり、やぶきた、さえみどり、ゆたかみどりを
バランスよくブレンド配合した豊かな味わいをお楽しみください

お部屋で召し上がって、気に入っていただけたら是非売店でお買い求めください
DSC02643.jpg


ペットと泊まれる宿 伊豆高原わんわんパラダイスホテル

わんぱらツイッタ―はこちら


ランキング参加中!!
↓ポチっとお願いします。